HOME»  鳥羽市妙慶川での実験

鳥羽市妙慶川での実験

鳥羽市妙慶川での実験

妙慶川は鳥羽市街の下を潜って流れて来て、外面に出てから300mほどで鳥羽港真珠島の近くに流入する川です。この300mほどの部分は、鳥羽城のお堀だったところです。小さな川ですが、市街地からの排水などが流れ込み、異臭が絶えない川です。

鳥羽市商工会議所も妙慶川の汚染対策には頭を悩ませております。同商工会議所の要請もあり、この妙慶川でT.Sミネターゼによる河川の水質改善実証実験を行うことになりました。2002年12月中・下旬の1週間、自然の生態系を活性化することがあまり期待できない時期でしたが、あえて行いました。

実験の概要

T.Sミネターゼ散布による鳥羽市妙慶川の異臭(悪臭)除去、および、自然の生態系を活性化し、本来備わっている河川の自浄能力を回復し、河川の浄化を目的とする調査と予備実験。

実験の結果

実験開始前の妙慶川の状況

平成14年12月10日、11日の両日、鳥羽市関係者と一緒に視察し次の確認をした。

実験で観察された変化

魚類の遡上:散布を始めた12月18日以前に全く見られなかったのかどうか定かではないが、散布開始翌日12月19日から、魚類の遡上を視認している。12月22日には大量のボラ子の魚影を視認し、鳥羽商工会議所中村会頭も、「この時期にこれだけ多くいるのは不思議」と変化を認めておられた様子。その後12月23日、24日も、常時ではないが、大量のボラ子や稚魚を視認している。これは、散布開始前に比べて、明らかな変化と考えられる。

実験で観察された変化
実験で観察された変化

藻類の活性化:12月20日には、川壁および川底の藻類の色が鮮やかになっているのが観察されている。その後、干潮時ヘドロの状態だった川床も藻類が芽生え始めている。冬季であることを考慮すると、これも明らかな変化である。

川水の臭い・濁度の改善:散布直後時に水の臭いは消える。次回散布時には幾分戻っているが、これも散布によって消える。12月20日午後以降は、散布前でも、異臭は感知されない状況になっている。濁度については、12月22日午後、散布地点の川底の砂地が見えるまでに改善されているのを観察している。

環境改善

アロエミネラル研究所

CATEGORY